くぅ

しぇる

のぇる

ろった

タグ:親子猫 ( 3 ) タグの人気記事


こんにちは

ゆきねこです。



a0143140_23404981.jpg

































ゆきねこ保育園に滞在する猫さんたちには

ご家族は一緒のお部屋ですごしていただいています。

ケージではなく6畳ほどのお部屋を

自由に走り回って

お気に入りの場所でのんびりしたり

いろんなおもちゃで遊んだりして

すごしていただいています。





併設しているゆきねこ雑貨店にも

自由に行き来できる環境にしているので

あちこち歩き回ったり

商品をのぞいたり

棚にのぼったり

たのしそうにすごしていらっしゃいます。





ぽんずちゃんおろしくんは

人懐っこい猫さんなので

ゆきねこ雑貨店にお客様がいらっしゃると

ゆきねこ保育園からとことこ出てきてくださって

お客様全員をめろめろになさっています。





ゆきねこ雑貨店は

猫さんを展示として営業しているお店ではありません。

ゆきねこ保育園に滞在なさっている猫さんの気持ちを尊重して

安心してすごせることを一番に考えます。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。




*******************
ゆきねこ保育園を開設した経緯などは
元日のご挨拶(→Click!)に
ゆきねこ雑貨店の開店日時
キャットシッターの混雑状況などは
ホームページお知らせ(→Click!)にてお伝えしています。
*******************


お読みいただきありがとうございました。


by cs_yukineko | 2018-02-15 23:59 | ゆきねこ保育園 | Trackback
こんにちは

ゆきねこです。


a0143140_21172754.jpg



































ぽんずちゃんは

おろしくん(*=仮のお名前です。)を

とても上手に

たのしそうに育てていらっしゃいます。

*******************
ゆきねこ保育園を開設した経緯などは
元日のご挨拶(→Click!)に
ゆきねこ雑貨店の開店日時は
ホームページお知らせ(→Click!)にてお伝えしています。
2018年1月22日(月)開店時間が変更になりました。
*******************


お読みいただきありがとうございました。


by cs_yukineko | 2018-01-20 21:21 | ゆきねこ保育園 | Trackback

a0143140_8584261.jpg
2013年4月24日撮影。赤ちゃん生後23日。



らぃらは

5匹の赤ちゃん猫を

産みました。





そのうちの

『ぽっけ』

『こゅき』



名付けていた

仔猫たちが

あたらしいご家族のお家に行くことになり

お迎えに来ていただきました。



お会いしたことがあるとてもいいご家族で

家族にお迎えしていただくまで

たっぷり時間をかけて

いろいろなお話をさせてくださいました。



そして

私の気持ち

らぃらの気持ち



最優先してくださいました。





お迎えに来ていただいてから

らぃらは

私たちがいろいろなお話しているのを

となりのお部屋で

かくれたままきいていたのだと思います。



約3時間がすぎようとしたとき

見えるところまででてきてくれたので

ご家族が

やさしくやさしくご挨拶してくださいました。



瞬きひとつしないで

じぃーーーっとご家族を見つめながら

たまに

ご家族の後ろにいる私と

その横にいる空を見ながら

お鼻を全開にふんふんしたり

お耳をちょっと倒したりしながら

いろんな話を聞いていました。





すると突然





ぽっけに

おっぱいをあげたのです。

びっくりしました。



すぐにご家族が

「また日を改めます。」

と言ってくださったのですが

そのほほえましい様子を

しばらく眺めていました。





そして突然





らぃらが

ぽっけから離れて

仔猫たちがのぼれないくらい

高い場所までジャンプしました。

私もこんな高い場所にジャンプした

らぃらをはじめてみました。



「大丈夫。

行ってらっしゃい。」



ということなんだと思いました。





らぃら

どこまで完璧ママン猫ちゃんなのぉ~。





そのあと

ぽっけこゅきは

空がそばで見守るなか

キャリーにはいって

あたらしいご家族のお家に行きました。



a0143140_9585682.jpg
生後7日。2013年4月8日撮影。





ぽっけこゅきを見送ったあと

らぃらの気持ちが

一番大切だからと

強がって

見守っていたつもりの

私の方が

泣いてしまいました。

かなしい涙ではありません。



そんな私を見て

らぃらは

やれやれというお顔をしながら

膝上に乗ってくれました。

自分から膝上に乗ってくれたのは

はじめてです。





ぽっけこゅきは

あたらしいお名前になって

猫のお友だちとして

このブログに掲載させていただくお約束をしました。



わが家ですごしていた赤ちゃんのときのお写真も

掲載許可をいただきましたので少しずつ掲載します。

お読みいただきありがとうございました。


by cs_yukineko | 2013-06-29 23:59 | 猫家族 | Trackback